産後の骨盤ガードルはいつから?

最近は、赤ちゃんを出産後に下半身が肥大してしまって困っているという悩みをよく聞きます。

 

産後、骨盤ベルトやニッパーなどで歪んだ骨盤を整えても、お腹や腰回り、たるんだおしりを補正できないと悩む方が多いです。
そんなときにおすすめなのが「骨盤ガードル」。しかし、骨盤ガードルは加圧力、伸縮性が高めなので、出産直後から着けられないものもあります。

 

そこで今回は、骨盤ガードルについて、いつから着けたらいいのか、着ける必要性や効果を含めまとめました。

 

 

産後の骨盤矯正ガードルはいつからいつまで着けるの?
骨盤矯正ガードルは、早くて産後2週間から着けることができますが、子宮の回復状態によっては産後1〜2ヶ月頃から着用するケースもあります。

 

産褥期間といって子宮内膜のかけらや、子宮内に残っていた悪露(おろ)と呼ばれる血液など出る時期があります。

 

この時期を過ぎてから産後の骨盤ガードルをつけるほうが良いでしょう。

 

そして、帝王切開をした場合は傷口の修復が最優先となります。

 

骨盤ガードルはご自分の体調に合わせてつけるようにしますが、不安な場合は医療機関で相談してから骨盤ガードルの使用をおすすめします。。

 

骨盤矯正ガードルは、体型が妊娠前の状態にほぼ戻った時点で履かなくなる方が多いですが、骨盤矯正効果を維持するために継続して履いている方も多いです。

 

また、骨盤ガードルには腰の痛みをサポートする効果もあり、家事や育児で腰に負担がかかっている人は、そのままつけ続けている人も多いです。

 

骨盤ガードルの効果と必要性は?
骨盤ガードルの効果は、骨盤や内臓を正しい位置に戻し、筋肉をつけるサポートをしてくれること、たるんだお腹周り、お尻、太ももを引き締めて細くしてくれることがあげられます。

 

骨盤ガードルは産後に限らず洋服がきつい場合なども、ボディラインを補正して服を着やすくするという効果もあります。

 

産後は、まず歪んだ骨盤を整えることが先決なので、骨盤ベルトやニッパーから骨盤ガードルへ移行する方がほとんどです。

 

骨盤を整えた後は、そのまま骨盤を安定させながら、たるんだお腹まわりやお尻、ももを同時に引き締めるダブルの効果があり、たるみが気になる人は着けた方が戻りが早いといわれています。

 

産後の体型は出産を経験した女性の共通の悩みです。

 

ただし、早く骨盤の歪みや開きを補正したいからと言ってきつめの骨盤ガードルを履いてしまうと血行不良や逆に体型が崩れる原因になります。

 

半年〜1年くらいかけてゆっくりと体型を戻していくのがキレイな体型を維持するコツです。

 

 

そして産後の骨盤矯正ガードルで人気なのがサンテラボの骨盤ガードルやラルフィン骨盤ガードルです。

 

 

ラルフィン骨盤ガードル

 

骨盤ベルト+補正ショーツ+骨盤ショーツ+腹巻が一体になった骨盤矯正ガードル。
ダイエット効果はもちろんのこと骨盤矯正効果も期待できます。引き締めの加圧力も程よい締め付け感で苦しいタイプのガードルが苦手な方や太ももに圧がかかるのが苦手な方にも大人気です。
ハイウエストタイプでサイズはM/L、XL/XXLの2種類。
胸下からお尻下までを完全サポートし、独自の加圧手法で骨盤を引き締めていきます。

 

 

シェイプマミーガードル(ワコール)
ワコールの産後の骨盤ガードル。太ももまで隠れるロング丈、ハードタイプの骨盤ガードル。両脇の面ファスナーでウエストや骨盤の締め具合を調整可能。しなやかなバネを採用でウエスト約9cm上まで包み込んでお腹の引き締め効果を発揮します。パワー素材と裏打ちでお腹をシェイプ。1枚15,000円前後とかなり値段の高い部類になります。

 

 

トピナガードル(アイマーク)
ショート丈とロング丈の2種類。3段ホックでウエストと骨盤の締め具合を調整可能。ウエストニッパー付きでガッチリと骨盤をサポート。価格帯は産後の骨盤ガードルの中では1万円以上の高級の部類に入りますが、無料で半永久の無料補正をしてくれます。

 

 

 

サンテラボ骨盤ガードル(エル・ローズ)
サンテラボ骨盤ガードルは、ガードルの丈、サイズ、カラーなど種類が豊富で自分の好きなガードルを選べます。値段が安いので産後ガードルとしてもダイエット用としても人気があります。ただしウエストのゴム部分がくるくるとなってしまい履きにくいという口コミが多数みられました。

 

 

 

 

産後の骨盤ベルトが終わったら次は骨盤ガードルで引き締めましょう!

 

 

産後,骨盤ガードル,いつから